キャビテーション

特殊な超音波で脂肪ケア!

脂肪吸引とキャビテーションの違い

似ているようで違う脂肪へのアプローチ

脂肪吸引とキャビテーションの違い

キャビテーションと脂肪吸引の大きな違いは、直接的に体外に脂肪を取り出すか否かという点です。

キャビテーションは脂肪を超音波によって発生する小さな気泡がわれる作用で脂肪の溶解作用を促し、脂肪の消費と排出を促すトリートメントです。狙った部分の脂肪を落とす効果の有効性から近年ではエステや医療機関で人気となっています。

それに対し、脂肪吸引は皮下脂肪を吸引器で吸引し直接的に除去する医療手術です。多量の体脂肪を除去するためには、以前では脂肪の切除手術が一般的でした。

この切除手術は、体にメスを入れて切除していく手法のため、傷跡が大きく残り、美容としては問題がある方法でした。そこで、脂肪吸引管が入る最小限の切開ですむ吸引法が考案され、今では一般的に普及しました。

脂肪吸引手術は、麻酔後メスで切開した部分から、吸引器を差し込み、脂肪を減圧力で吸引していきます。

脂肪はそのままの状態で吸引を行うため、医師のテクニックがない場合など、均一に吸引されず、凹凸ができてしまう場合があります。

脂肪吸引のメリットとデメリット

脂肪吸引のメリットは即時かつ確実に効果がわかるという部分です。美容目的での脂肪吸引が一般的ですが、あまりにも脂肪がつきすぎて自分自身では体重を落とせないような場合などに医療目的でも行われます。

また、脂肪を直接狙って吸引・除去することで、脂肪細胞そのものを減らすので、リバウンドしにくいのも大きなメリットです。

脂肪吸引手術のデメリットとして、体に大きな負担を与えることが挙げられます。執刀中に内臓にダメージを与えるケースや、感染症のリスクなどもあり、執刀中のミスで死亡例があるなど、注意が必要です。

近年では脂肪吸引の技術も進歩しており、体に負担の少ない脂肪吸引技術が考案されています。VASER(ベイザー)脂肪吸引などはキャビテーションのように、超音波の力で脂肪を溶解へ促しつつ吸引するので、体への負担が低減されています。

キャビテーションのご紹介

無料カウンセリングはこちら 無料カウンセリングはこちら


MENU