体質別のおすすめメニュー

自分の体質を知ればより理想の体に近づける!

単に「太っている」「脂肪がついている」と言っても、実際には脂肪のつき方やその原因などによって大きく3つの体質に分けることができます。
その3つの体質とは「リンゴ型」「洋ナシ型」「バナナ型」です。自分の体質を知り、それに合ったメニューを選ぶことで、ダイエット効果もより期待できます。
まずは、自分がどのタイプの体質に当てはまるのか、体質診断をしてみましょう!

  • Q1

    夏場でも
    手足の先が冷たいほどの
    冷え性だ

    YESNO

リンゴ型の体質の人は全体的に丸い体型で、皮下脂肪よりも内臓脂肪が多いとされています。
食事は早食いではありませんか?また、ご飯や麺、パンなどの炭水化物やお菓子などの糖質を好んで食べることが多い上、糖質を分解する力がもともと弱いので内臓脂肪が蓄積されていってしまいます。
日本人の3割がこのリンゴ型と言われていて、代謝と筋力を高めるのが解決のポイントです。

詳細を見る

上半身はそれほど太っていませんが、お腹や太もも、お尻、足などに贅肉がつく体質です。皮下脂肪が多い上に基礎代謝が低いのでたくさん食べているわけでもないのに太りやすいタイプの人にみられます。
血液やリンパなどの循環が停滞しがちなのでセルライトがつきやすく、むくみもみられる日本女性に多い体型で、皮下脂肪とセルライトの解消が課題です。

詳細を見る

基礎代謝が高いのでたくさん食べても太らないことから、一見太りにくい体質のように思われますが、筋肉がつきにくく、むしろ落ちやすいため、脂肪がつき始めるとなかなか痩せにくいという最も厄介なタイプです。 しっかり筋力をつけて、脂肪を燃焼する力をつけることや循環を良くするなど体の内側から変えていく必要があります。

詳細を見る
無料カウンセリングはこちら

MENU